〒537-0021 大阪府大阪市東成区東中本3-13-15

お問い合わせはこちら、電話:06-6973-0148

大阪市東成区の内科・麻酔科・ペインクリニック・リハビリテーション科

トップページ院長紹介医院紹介交通案内お問い合わせ

診療案内

トップページ»  診療案内

看護師募集中!

Mobile Site、左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

麻酔科・ペインクリニック

“痛み”には、手術のあとの痛みなどの急性痛と、腰痛、頭痛、肩痛、膝痛などの慢性痛に分かれます。ペインクリニック外来で治療するのは、多くは後者の慢性痛です。慢性痛は人間の感情を押しつぶし、人相をかえ、うつ状態にさせたり、ひきこもりがちにさせたりします。

“痛み”は、疾病のあらわれといっても過言ではありません。“痛み”という症状が、ある病気の初期症状であるとき、ほとんどの医者は、しゃにむに“痛み”と取り組みます。しかし、放っておいてもよい痛みとみなされた場合や頑固な痛みは次第に見放されてしまうものです。昔は“痛み”は我慢するものだという野蛮な考えもありました。しかしながら、慢性の“痛み”は、人間性をかえてしまうほどの恐ろしいものなのです。

ペインクリニック外来は、いわゆる“痛み止め”だけでなく各種薬物療法(西洋医学、東洋医学)、物理療法、神経ブロック療法など、あらゆる手段を駆使し、少しでも患者様から“痛み”の観念を除去し、体と心の病を癒す部門です。

内臓病と“痛み”は切り離して考えるべきものではありません。また、心の病やストレスと“痛み”も切り離せるものではありません。当院では“痛み”を全人的な立場から総合的に解釈し、できるだけ患者様に納得いただける医療を展開したいと考えております。

神経ブロック療法とは?

神経ブロック療法とは、“痛み”に関与する神経の領域に、局所麻酔薬や抗炎症作用をもつステロイド薬などを注射することにより、痛みを直接ブロックするとともに、痛みの悪循環を形成している悪玉の交感神経を遮断し、痛みを永く抑えることを目的とした治療法です。注射といっても、歯医者さんでまず行う麻酔の注射のようなものですので、まったく痛くないといったらうそになりますが、そんなに痛いものではありません。神経ブロック療法にはいろんな種類の方法があります。それぞれの“痛み”にそれぞれの神経ブロック法があります。

リハビリテーション科

上記ブロック療法に加え、各種リハビリテーション器械を駆使し、筋・関節運動の回復に努め、日常生活への復帰を目指します。

打撲、切る、炎症などにより”痛み”が生じる(急性痛)

次へ
痛みの感覚が、脊髄を通って大脳に伝わり”痛い”と感じる
次へ
交感神経(自律神経)興奮により血管が収縮して、痛いところの”血の流れ”が悪くなる
次へ
”血の流れ”が悪くなると”痛みをおこす物質”が放出され、このため、また"痛み"が生じる
痛みの悪循環

当院におけるステップ治療

STEP.1

相談・診察・コンサルタント

STEP.2

検査・内服治療・外用薬・点滴治療・リハビリ

STEP.3

神経ブロック療法
局所麻酔薬という痛み止めを使った注射です。
ほとんど痛くありません。

STEP.4

手術治療
麻酔科医からみた適切な施設を紹介します。

治療対象疾患

  • 三叉神経痛などの顔面痛・片頭痛、群発頭痛、筋緊張性頭痛などの頭痛
  • 帯状疱疹、ヘルペス後神経痛
  • 肩こり、肩関節周囲炎(五十肩)、頚椎神経症、
  • 反射性交感神経ジストロフィ、カウザルギー(複合性局所疼痛症候群)
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに伴う腰痛
  • 膝痛、肩痛などの関節痛
  • 通常の治療では改善しない鼻アレルギー
このページの先頭に戻る