内科

 

内科

  • 麻酔科医・集中治療医としての経験を生かし、全身管理を中心とした、専門領域にこだわらない 全人的な医療を目指します。
  • 各疾患の重症化パターンを理解したうえで、できるだけ 予防医療に重点をおきます。
  • 各臓器の機能を重視し、生体の 恒常性維持に努めます。
  • 救急医としての経験をいかし、患者様の急変に対応します。
  • 内科治療の限界を判断し、 病診連携を行います。また、同時に手術治療に対するセカンドオピニオン情報を提供いたします。

近年、いわゆる成人病(高血圧、糖尿病、高脂血症)からメタボリックシンドロームという概念が定着化しつつあります。自覚症状のない状態から、心筋梗塞、脳卒中(脳出血・脳梗塞)などの青天の霹靂といったような病気が突如おそってくることがあります。そうならないように、疾病の一次予防という観点から、地域の皆様に密着した“かかりつけの医院”として、地域の皆様のプライマリケア(初期医療)に参加させていただければと考えております。

心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞・脳出血)は血管の病気です。だから突然おこるのです。患者様の家族からは「さっきまで元気やったのに」という言葉を聞くことがほとんどです。予測されない病気だから、予防することが重要なのです。これらの病気の4大危険因子は“糖尿病(境界型含む)”“高血圧” “高脂血症” “喫煙”です。

これらの値の正常化を薬剤に依存するのではなく、生活習慣そのものの改善が必須事項です。青天の霹靂とならないよう、普段から生活習慣の改善に努めましょう。

治療対象疾患

内科一般プライマリケアは可能です。特殊疾患は症状に適した施設を紹介します。

呼吸器疾患

風邪、咽頭炎、扁桃炎、気管支喘息、気管支炎、肺炎(細菌性肺炎、誤嚥性肺炎)、肺気腫、タバコ病など。

循環器疾患

高血圧、狭心症などの虚血性心疾患、心筋梗塞(施設搬送します)、心不全、各種不整脈疾患、閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎など。

消化器疾患

肝機能障害(アルコール性肝障害、ウイルス性肝炎、薬剤性肝炎、肝硬変など)、胆石症、胆のう炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流症、逆流性食道炎(機能性上部消化管症候群) 下痢、便秘、腸炎(過敏性大腸症候群)など。

内分泌・代謝疾患

糖尿病、高脂血症、痛風、甲状腺疾患など。

泌尿器科疾患

腎機能障害、膀胱炎など。

アレルギー疾患

アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性皮膚炎など。

脳・中枢神経疾患

脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血(施設搬送します)、無症候性脳梗塞、脳梗塞後遺症、一過性脳虚血発作など。

その他

めまい、不眠症(麻酔科的に睡眠剤を調節します)など。