患者さまにわかりやすい医療を。
納得がいくまでお話をし、病態にあわせた医療に努めます。

スライドショー

患者さまにわかりやすい医療を。
納得がいくまでお話をし、病態にあわせた医療に勤めます。

スライドショー
スライドショー

患者さまにわかりやすい医療を。
納得がいくまでお話をし、病態にあわせた医療に勤めます。

スライドショー

患者さまにわかりやすい医療を。
納得がいくまでお話をし、病態にあわせた医療に勤めます。

お知らせ

2018/09/26

■禁煙治療について

当院では保険診療で禁煙治療を受けることが可能です。主に内服治療薬での禁煙治療を行っております。禁煙に興味のある方は一度ご相談下さい。

2018/09/26

■特定健康診査について

本院では、大阪市特定健康診査が受診可能です。特定健康診査受診券をお持ちの方で、当院にて受診希望される患者様はお気軽にご相談下さい。

2018/09/26

■診診連携のお知らせ

歯科治療:林歯科医院(www.hayashishika.com)と医科歯科連携しております。お気軽にご相談下さい。林歯科医院の場所はアクセスマップをご覧下さい。

画像診断:CT、MRIなど特殊検査に関しても近隣の病院と連携しており、当クリニックで予約をお取りすることが出来ます。写真フィルム及び検査結果はFaxおよび郵送で当クリニックに届けられます。

当院が選ばれる5つの理由

医師・スタッフ紹介

患者様と納得がいくまで話をし、患者様個人個人の病態に合わせた医療を。

大学病院、地域中核病院の麻酔科で約20年の経験を積み、このたび地域医療に貢献すべく、大阪市東成区に林クリニックを開院致しました。
麻酔科医として、手術に対する全身麻酔管理を基礎に、集中治療の場での全身管理、救急医療における急変患者様への対応、神経ブロックによる“痛み”への外来治療(ペインクリニック)に従事してまいりました。
麻酔科は病院の中央部門であり、内科系、外科系を問わず、あらゆる患者様の診療にあたります。広い範囲で全身管理に携わっているうちに、専門的に、ある病気につっこんで治療を考えるというよりは、専門分野にとらわれず、人間全体を診る全人医療的立場で、人間と病気のつながりを考えるようになりました。また、疾病の終末期を多く経験していればいるほど、そうなる前段階の予防医療の重要性を身にしみて感じるようになりました。
“体の恒常性を維持する”不快な痛みを軽減し、できるだけ日常生活のレベル(QOL)を高める”ことを目的とし、教科書的な医療ではなく、患者様と納得がいくまで話をし、患者様個人個人の病態に合わせた医療に努めたいと考えております。

医院案内

医院名
林クリニック
住所
〒537-0021
大阪府大阪市東成区東中本3-13-15
電話番号

06-6973-0148

診療時間

 
9:00~13:00 ×
16:00~19:00 × × ×

休診:木曜午後、土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら

診療案内

内科

内科

近年、いわゆる成人病(高血圧、糖尿病、高脂血症)からメタボリックシンドロームという概念が定着化しつつあります。自覚症状の全くない状態から、心筋梗塞、脳卒中(脳出血・脳梗塞)などの青天の霹靂といったような病気が突如おそってくることがあります。そうならないように、疾病の一次予防という観点から、地域の皆様に密着した“かかりつけの医院”として、地域の皆様のプライマリケア(初期医療)に参加させていただければと考えております。

詳しくはこちら

麻酔科・ペインクリニック・リハビリ

麻酔科・ペインクリニック・リハビリ

ペインクリニック外来は、いわゆる“痛み止め”だけでなく各種薬物療法(西洋医学、東洋医学)、物理療法、神経ブロック療法など、あらゆる手段を駆使し、少しでも患者様から“痛み”の観念を除去し、体と心の病を癒す部門です。当院では“痛み”を全人的な立場から総合的に解釈し、できるだけ患者様に納得いただける医療を展開したいと考えております。

詳しくはこちら

インタビュー

ペインクリニックを中心に内科とあわせた、痛みと体を総合的に診断する全人的な治療に心がけています。

“体の恒常性を維持する” “不快な痛みを軽減し、できるだけ日常生活のレベル(QOL)を高める”ことを目的とし、教科書的な医療ではなく、患者様と納得がいくまで話をし、患者様個人個人の病態に合わせた医療に努めたいと考えております。

詳しくはこちら